サービス内容

【訪問看護とは…】

 

住み慣れた地域やご家庭で療養生活を送られるよう生活の場へ看護師等が訪問し看護ケアを提供し自立に向けた療養生活を支援するサービスです。

病院では病床数が減り、入院期間の短縮も進み、医療の現場はご自宅や老人施設などの在宅へ移行しており、その在宅医療には欠かせない支援のひとつとなっています。

具体的なサービス内容については以下のとおりです。

①日常の健康管理

バイタルサイン(体温、血圧、脈拍、呼吸、SPO2など)の測定、お薬の管理、食事の介助・栄養指導、身体保清(入浴または部分浴および洗髪、清拭など)・整容の介助、排泄の介助、移動・移乗の介助、口腔ケアなどの日常生活の支援に加えて、褥瘡(床ずれ)や創傷の処置、気管カニューレや人工呼吸器の管理、血糖コントロール、点滴の実施・管理(中心静脈栄養を含む)、経管栄養の管理、膀胱留置カテーテルの管理、ストーマの管理、急変時の対応などなど医療度の高いケアもご自宅で安心してお受けいただけます。

主治医には直接聞きにくい事やお願いなどの仲介もお引き受けいたします。また心療内科および精神科疾患のケアについても対応しております。

②在宅リハビリテーション看護

理学療法士や作業療法士による専門的なリハビリをご自宅で継続していただけます。

ご自宅での生活を維持するには、機能回復・維持のため継続的なリハビリが不可欠です。
介護予防・卒業に向けてのトレーニングはもちろん、不可逆的な病状に応じてより効果的に残存する機能を生かす方法の助言や、福祉用具や介護用品の利用に関するアドバイスも行っております。

③終末期の看護

「最期を家族と共に自宅で過ごしたい。」「これ以上は辛い治療を受けたくない。」「痛みのない安らかな生活を送りたい。」・・・

より充実した終末を迎えていただくため、全力でお手伝い致します。

 

※その他、多様なニーズにお応えいたします。詳細はお気軽にお尋ねください。